嫁入り道具の一つとして、親が用意してくれた着物となると、正絹の品質の良いものというケースが多いと思われます。けれど、自分では着ることができない人が大半のため、いつまでもタンスの肥やしというケースが多いでしょう。

着ないなら思い切って着物買取に持ち込もう

親が嫁入り道具にと持たせてくれた価値の高い正絹の着物でも、着なければタンスの肥やしでしかありません。まっさらのまま、一度も袖を通していなくても、きちんと着物専用の袋に入れてタンスにしまっておいても、どうしても隙間から埃が入り、着物に付着してしまいます。もしかすると、タンスの場所や条件などによって、着物にカビが生えている可能性もあります。正絹の着物であれば、専門の着物買取ショップに持ち込めば、価値ある品の場合には買い取ってくれますが、それでも埃やカビが生えたまま持ち込んだのでは、評価がぐんと下がってしまうのは明白です。持っていても着ないから、着物買取に持ち込むという決断はいいですが、その前にやることがあります。

着物をクリーニングに出してから持ち込もう

車を売るとき、外側はもちろん、車内もぴかぴかに清掃しておくと、そのまま中古車市場に出せることから、高く買い取ってくれるのと同じで、着物買取の場合も、買い取った後、すぐに店頭に並べられる状態にしておくのがベストです。そのためには、費用はかかるものの、着物を上手に、きれいにクリーニングしてくれるところに持ち込んでからがおススメです。クリーニングに出すことのメリットは、着物がきれいになるのはもちろんですが、必要であればアイロンがけをするなどして、見た目も美しく仕上げてくれることが挙げられます。専門に買い取りを行っている業者なら、買取のために持ち込まれた着物を触ったら、埃にまみれたまま持ち込んだものか、それともクリーニングに出し、きれいにしてから持ち込んだものか、すぐにわかります。

クリーニング代を上回る買取査定が付く可能性も

着物買取をしてもらうにあたり、一つの店や業者だけに絞る必要はありません。クリーニングに出してきれいになった着物を持って行ける範囲内なら、まずは持ち込み、どのくらいの値段で買い取ってくれるのか、聞いてみるのがおススメです。その上で、もっとも高い値段を付けてくれたところに売るのが鉄則ですし、それがクリーニングに出してまで持ち込む一番の理由でもあります。クリーニングに出してきれいになった正絹の着物であれば、業者としてもタンスから出したままの状態で持ち込まれた物よりも魅力的ですので、クリーニングに出してきれいにしたことをアピールするのもいいでしょう。

まとめ

大切にしまっておいた着物でも、どうしてもタンスの中には埃が入り、場合によってはカビが生えることもあります。そのため、値打ちのある正絹の着物ほど、クリーニングに出してきれいにすることが大事です。そうすれば、すぐに売りに出せるため、買取価格も上がる可能性があります。