いつの時代も、いらない物を買い取ってもらう時に高額買取をしてもらえる条件は、欲しいと思う人が多い要素を持っている物です。着物の場合でいえば、人気のある色や模様であれば、高く買い取ってもらえる可能性があります。

それぞれに買い取り相場があることを知ろう

嫁入り道具の一つとして持たせてもらうことが多い着物ですが、昨今、自分で着付けができる人は少ないため、どうしても着るのが億劫になり、タンスの肥やしとなってしまうことがしばしばです。そのため、値打ちのある物であれば、誰か欲しい人に着てもらった方が、しまいこんだままにするよりもいいと言えるでしょう。着物を買い取ってくれる店や業者は数多くありますが、原則として正絹としており、しかも、着物の種類によって買取額の相場が異なることを知っておくと、この着物なら、だいたいこのくらいの金額で買い取ってもらえるのではと予測がつきます。

例えば成人式のために誂えたなら

今や少子化のせいもあり、子供にかけるお金が一人分で済むことから、成人式の着物をレンタルではなく購入する親も増えています。成人式のために誂えた振袖なら、未婚の間は結婚式に招待されたときなどに着られますが、着付けが大変なため、どうしても洋服を着ることになるでしょう。今後、着る予定がないのであれば、きれいなうちに買い取ってもらうのがベストです。その際、高く買取してくれる要素として、人気のある色や模様であるかどうかが問われます。振袖の場合はやはり女性らしさを連想させる赤やピンクといった色合いが人気ですし、模様に関しては、京友禅や加賀友禅は高く評価されます。

条件がぴったり合えば早めに行動しよう

色合いは赤やピンク、模様は京友禅や加賀友禅ということであれば、もう着ないと決めたなら早めに行動を起こすのが大事です。しまい込んだままにしておくと、どうしてもきちんとしているつもりでも、埃がついたり、場合によってはかびが発生することもあります。成人式で着用した後にクリーニングに出して、まだ間がないなら、そのまま持って行っても大丈夫でしょう。正絹であり、色や模様は人気が集まりやすい着物となれば、そこそこ高額で買い取ってくれる期待が持てます。相場を知るためには、複数の買取業者に見てもらうのも、おススメです。その上で、もっとも高く買い取ってくれるところに売ることになります。

まとめ

成人式のために買ってもらった着物でも、もう袖を通すことはないと思うなら、早めに買い取ってもらうのが得策です。いくつかの店や業者を当たり、買取相場を調べてから、どこに買い取ってもらうかを決めるのがおススメです。