着物買取をしてもらうとき、小物や帯はどうしたらよいかです。着物に比べるとかなり価格が安いものもあり、価値はなさそうに感じます。でも一緒に査定してもらうとよいと言われます。着物の査定自体が大きく上がることもあります。

個別にするのか一緒にするのがいいのか

着物は洋服に比べると着る機会が少ないかもしれません。作ったのはいいけども、一度しか着ていなかったり、デザインが気に入らなくて着なくなったものもあるはずです。そのまま置いておくのはもったいないので、着物買取サービスを利用すると良いかもしれません。この時、小物や帯等はどうしたらよいかです。個別の方がいいのか一緒の方がいいのかですが、一緒に行うと良い場合があります。セットで使うことが多い為です。初めて購入する人なら、個別よりもセットになっている方が買いやすいです。売り方としてもセットの方が売りやすくなるので、買取時に少し高めにしてくれることもあります。

色合いなどがあっているものを一緒にする

洋服などではコーディネートをすることがあるでしょう。それぞれを合わせることで、いろいろな着方ができるようになります。アイテムを交換することでコーディネートを変えられることもあります。着物はあまり着ることがないのでわからない人もいるかもしれませんが、洋服同様コーディネートが必要になります。着物買取において、小物や帯の扱いとしては、色合いなどが近いものを一緒に買取してもらうようにしてみましょう。それぞれの着物ようにわざわざ購入することもあるでしょうから、合わせて買ったものを一緒に査定してもらいましょう。買うときにお店に見立てもらったなら、良く合う可能性が高いです。

多くの買取店で対応してもらえる

着物買取をしてくれるお店が増えています。着物といえば京都等一部の地域を想像されるかもしれませんが、買取店だけを見ると全国にあります。東京などにあるお店が全国対応してくれるところもあります。宅配や出張などでも対応してもらえます。この時、着物とだけ書いてあって、その他の小物や帯のことが書かれていないことがあります。多くのお店は、他の関連商品も扱っているので、書かれていないときは相談してみましょう。値段も安いのでお金にならないと考える人もいますが、組み合わせることでアップ査定してもらえる場合があります。数万円アップしてもらえるかもしれません。

まとめ

着ない着物があるなら、着物買取サービスを利用しましょう。その時、その着物に合わせて使う小物や帯があるのであれば一緒に査定をしてもらうと良いでしょう。それによって査定をアップしてもらえる可能性があります。