着物買取をしてもらうとき、持っているものが作家物や伝統工芸品であるなら、証明となるものを一緒に持ち込むようにしましょう。特定の作家や地域に強い業者があるなら、そちらに持ち込んだ方が査定が良くなるかもしれません。

鑑定書などがあるなら一緒に持ち込む

ブランド物やアクセサリーの場合、その本体に箱があり、さらには別途鑑定書が用意されることがあります。鑑定書はメーカーなどが用意していて、そのメーカーが作ったことを証明してくれています。着物買取においては作家物であったり伝統工芸品と呼ばれるものがあります。鑑定書などがあるなら一緒に持ち込むと良いでしょう。着物だけを見てわかることは少なく、ケースなどに作家名などが書かれていることが多いとされています。もし該当するのであれば、何もない状態で査定してもらうよりも大きく価格が変わることがあります。持ち込むときに少し大変になるかもしれませんが、一緒に持ち込みましょう。

人気があるかどうかでそれなりに差が出る

ブランド物にも人気があります。そのため、同じようなタイプでも、人気のあるブランド物は高くなりますし、あまり人気がないものは手ごろな値段に落ち着きます。新品でもそうですが、中古となるとよりその差がはっきりします。人気のものだと、新品と変わらない価値で取引されることもあります。着物買取においては、ブランドとして作家物であったり伝統工芸品であるのかが問われるかもしれません。人気によって異なることを知っておきましょう。ケースなどを見ると作家などが分かりますが、人気作家なら高く査定してもらえる可能性が高いです。でも、作家が作っていても、あまり人気が無ければそれなりになります。

取扱いに強い業者を選ぶと高値が期待

古本を売るとき、大手チェーン店と老舗の専門書を扱うところのどちらが良いかがあります。大手チェーンは手軽に平均的な価格で対応してくれます。ただプレミアムなどの評価はほとんどありません。老舗の専門店は、プレミアムを評価して高値をつけてくることがあります。着物買取をしてもらうとき、作家物や伝統工芸品を持っているなら、取扱いに強い業者を選びます。着物の場合、一応それぞれで作家の作ったものなどは評価してくれます。ただ、良く扱っているか、目利きが良いかは業者によって異なります。いい物をたくさん取り扱っている業者なら目利きがいいため、良いものは良い価格で買取してくれます。

まとめ

着物買取において、作家物や伝統工芸品はブランド物と同じような扱いになります。通常とは異なる査定が期待できるでしょう。ただ、人気の作家や地域などがあるので、必ず高くんるわけではありません。業者の目利きも異なります。