不要になった着物をどこのお店に持っていけばいいのか、知らない人が多いです。結局、店を絞れず、着物買取りを諦めてしまう人もいます。せっかくのチャンスを、自分から捨ててしまっているのは、勿体ないことです。

リサーチを開始して店を決めてしまう

やはり、着物買取りをしている店の情報を集めることになります。インターネットで検索すれば、近い地域の店も、遠い地域の店の情報も簡単に手に入れられます。激戦区といわれる地区を、まずは探してみることです。勿論、近い地域に激戦区がなくても、問題ありません。多くの客から、着物買取りをする為に、通販でも買取りに対応してくれます。基本的に、送料もかからず、持ち込む手間もありません。近くの店に買取りを依頼するのとかわりません。後は、必要な書類を同封して、どんな値段で買取りをしてくれるのか、結果を待つだけになります。

他店に流れないように努力すること

では、何故激戦区を選ぶのかは、やはり需要があることが大事だからです。人の心理としては、なるべく良いものを安い値段で手に入れたいです。そうすると、どれだけ物を集められるかということと、値段ということになります。周辺の店との競争が生まれるので、安さは、競っていくことになります。すると、沢山購入してもらうことで利益をあげることになり、物を集めなくてはいけません。周辺の店へと物が流れてしまわないように、着物買取りにも力を入れなくてはいけません。すると、自然に買取り金額をアップさせたり、買取りの数が多いと買取り価格をアップするなどしていきます。

きちんとした店を自分で探すことができる

反対に、独占状態になっていると、売りたいという人が勝手に集まってきます。すると、自然とサービスの質も低下してしまいます。結果として、高値での買取りが実現せず、がっかりすることになります。一昔であれば、それも享受されることかもしれませんが、現代ではそうはいきません。それは、インターネットを活用することで、遠い地域の店とのやり取りができるようになったからです。ここしかないからという妥協がなくなり、望む店を自分で探すことができます。その結果として、買取りに力を入れている店で、買取りをしてもらうことができます。

まとめ

激戦区で着物買取りをしている店は、周辺の店へと着物が流れていかないように、力を入れています。他店よりも、魅力的なサービスを提供することで、選ばれることを目指しているからです。その為、高い値段がつくことになります。