現在では、着物買取を行っている業者が豊富にありますが、どこに着物買取の依頼をしても同じというわけではありません。買取額には大きな違いがあるということを頭に置いておき、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

根拠がはっきりしていないと買い叩かれる可能性がある

買取額の根拠がはっきりとしていないということは、着物買取の査定額に対してしっかりとした内訳を教えてもらうことができないということになります。本来ならば高額で売ることができる着物とわかっていながら、わざと安い査定額を提示してくることもあります。特に、着物に関する知識があまりないと判断されると、安く買い叩かれてしまう可能性がアップします。相手によって査定額に違いがある業者の多くは査定した金額に関しての根拠がはっきりとしていないので、選ぶべきではありません。着物の相場がわからないという時には、なお信頼できる業者を選ばなくてはなりません。

着物の扱い自体が雑になっている可能性

着物買取専門店となれば、着物に関して知識もしっかりとあり、価値もわかっているので扱いが丁寧ですが、質屋や古着屋など着物に関してあまり知識がない業者となれば、査定金額の根拠もはっきりとしていません。そのこともあり、着物を雑に扱っている可能性もあります。査定後に金額に納得が出来なければ、無理に売る必要はありませんが、扱いが雑な業者に査定に出してしまうと、査定前よりも汚れたりシワができてしまうということにも繋がりかねません。次の査定に影響を与えることになるので、信頼できる業者を選ぶことが大切になってきます。

着物の価値をしっかり判断できていない可能性

着物の価値自体をよく理解していない業者となれば、本来はかなり価値のある着物でも、わからないまま少しでも安く買い取ろうとしてくる可能性も高いです。売る側が、売りたい着物に関してしっかりとした知識を持っていて、相場を知っていれば、売らないという判断をすることができます。しかし、着物の相場はあってないようなものであり、素人が判断するのは大変難しいことです。着物の買取実績が豊富にあるのかという点に注目しておくべきといえます。買取実績があまりないと、着物の価値を理解していないスタッフが適当に査定していることもあるので気をつけましょう。

まとめ

着物を売る先を間違えると、数万円損をしてしまうこともあるので、十分気をつけなくてはなりません。買取額の根拠がはっきりとしていないと、買い叩かれることもあるので、よく見極めて信頼できる業者を選びましょう。