いらなくなった着物を処分するのには、着物買取りを利用すると便利です。ただ、資源ごみとして捨ててしまうよりも、いくらかお金も入ってくるし、誰かにもう一度使ってもらうチャンスにもなります。では、どんな店に買い取ってもらうかが、ポイントになります。

実際の金額でがっかりしないようにする

持ち込んだ着物を、店が査定してから着物買取りの値段が提示されます。しかし、手数料を必要とする場合もあり、買取り金額から、引かれてしまいます。せっかく高い査定が提示されても、着物買取りの手数料で相殺されてしまいます。それでは、ちょっと損した気分にもなってしまいます。ですから、最初にどの程度の手数料が発生するのか、下調べをしておきます。そして、高い査定金額が提示されても、舞い上がることなく、冷静になって、引かれた金額から、買い取ってもらうかを決めます。もしくは、もう少し高くならないかと、話してみます。

最初から数店舗のピックアップをしておく

そうなってくると、手数料が安い店を見つけておきたいです。ぬか喜びをしなくてすみますし、引かれる金額も少なくなります。直接店に行くと、持って帰るのがめんどくさくて、その値段を受け入れてしまいがちです。次の店を探すのも、労力がかかります。そこにつけ入れられてしまう人も少なくありません。予め、手数料の安い店をピックアップしておき、次の予定を決めておきます。次に持っていく店があれば、安易に妥協することもなくなります。納得のいく金額で、着物買取りをしてもらえるように、こちら側もしっかり準備をしておきます。

手軽により多くの情報を吟味できる

インターネットで、店の情報を発信している場合は、下調べも難しくありません。どういった流れで、着物買取りが行われるのかも、店と連絡を取らずに知ることができます。宅急便を利用した遠方の客にも対応してくれます。直接店に行けないからと、手数料の安い店を諦めることもなくなります。場合によっては、送る送料も負担してくれるので、こちら側の負担もなく、日本全国の着物買取りをしている店から選ぶことができます。買取り金額の交渉など、面と向かっては言いにくいことでも、メールなどのやり取りであれば、言いやすくなるメリットもあります。

まとめ

どれくらいの手数料が発生するのか、事前に確認をしておきます。また、安い手数料の店で、着物買取りをしてもらうようにします。そういった下調べに、インターネットを使うと簡単に必要な情報を集めることができます。