日本では古物商として着物買取などをしてくれるお店が全国各地に存在します。それらのお店で査定してもらう人の中には提示された金額に不満を抱く人も少数ながらも必ず存在します。その場合はその後の対応が重視されることになります。

買取には3つの方法がありますがリスクの少ない方法で

古物商として着物買取などをしてくれるお店では基本的に3つの査定方法があります。1つ目は自分自身が実店舗で査定してもらうやり方となります。2つ目は宅配で査定してもらうやり方となります。3つ目はお店のスタッフが自宅まで出張で査定してもらうやり方となります。その3つの方法ではお店によって3つともやってる場合と一部しかやっていない場合があります。これらは事前にお店のホームページで確認をしておきます。しかしもし提示された金額に不満がある場合はキャンセルでなかったことにする行動を展開する必要があります。もしそのキャンセルもあり得るならば、その行動を素早く反映しやすい査定方法を選ばなければなりません。

もっとも素早い行動ができるのは店舗査定

その着物買取でもし提示された金額に納得できない場合にキャンセルという行動をもっとも素早く展開をしようとするならば、まず最初にキャンセルという方法自体ができるか否かとなります。この場合もお店のホームページでしっかりと確認をしておかなければなりません。良心的なお店ならばそのあたりを詳細に記載している場合があります。その情報を得たうえで、もっとも素早い行動を展開しやすいのは基本的には自分で店舗へ直接持参査定してもらうやり方となります。この場合は店舗までの移動時間と交通費がいりますが、不満ならばその場で自分自身で取り戻して再び持ち帰りやすくなるからです。一方で残りの2つの査定方法の場合はキャンセル行動を展開しようとする場合に事前注意するべきことがあります。

宅配でのキャンセルは手間がかかるかも

その事前注意では出張査定では出張した交通費などを悪質業者などだと請求しかねないので、それを防止するためにホームページで出張費が無料で行われてるかの明示確認となります。残りの宅配買取の場合はさらに要注意となります。というのはその宅配買取では1点だけを梱包しているとは限らず、複数の品物を査定してもらいたいと詰め込んでる場合があります。そのうちの一部で提示された金額に不満がある場合は、その品物を送り返してもらわないとなりません。その場合は一部業者では梱包された複数の品物に対して全部査定額に納得してもらうか、全部キャンセル扱いで送り返すかの選択を迫ってる場合もあります。またその送り返してもらうための送料は客側負担の場合になる業者があるなどしますので、ホームページで事前確認も大事になります。

まとめ

着物買取でもし提示された金額に不満があってキャンセルを希望したい場合は、基本的には店舗での査定を前提とした行動を展開する必要があります。そして同時にお店のホームページなどでキャンセルに関わる対応方針に関する記述を確認しておく必要もあります。