着物買取をしてもらう場合にはどこの店を利用するにしてもそれなりの基本的な流れがあります。これを知らずにいきなり実行してしまうと、途中で何かが不備で買取が不成立になったり、店側から注意されたりなどすることにもなりかねません。

まずは業者のホームページで確認をすること

着物買取をしてもらうには3つの方法があります。1つ目は店舗に直接出かけて査定してもらう場合、2つ目は宅配で査定してもらう場合、3つ目はスタッフが自宅まで出張で査定してもらう場合となります。しかしこの3つの方法いずれにしてもトラブルを極力なくすにはそれなりの基本的な流れがあります。その基本的な流れとしてはまず最初に業者のホームページをしっかりと確認することとなります。業者のホームページでは店舗の所在地や営業時間、古物許可証の掲載などされていますが、一番大事なのは買取してくれる具体的範囲と買取で値段のつかない可能性がどれなのかとなります。

着物だけでなく身分証の用意をお忘れなく

なぜなら値段のつかない可能性がどれなのかを知らないままだと、なんでも値段がついて買い取ってもらえるものだと思い込んでしまうために、実際の査定時にトラブルになる可能性を高くしてしまうからです。これを理解したうえでさらに高く値段のつきやすい具体例があるかを探します。これを知ったうえで査定をしてもらう行動を開始します。その場合にいずれにしても用意しておくものとしては、着物買取してもらいたいモノだけ用意していてはなりません。他に用意するべきものとして身分証の存在があります。というのは着物買取が成立した場合にそれの提示が求められるからです。というのは着物買取は古物商の取引なので法律規定で身分確認を義務付けてるからです。これがないとお金が渡せないので買取が不成立となります。

宅配の場合は口座にお金を入金だから

さてここからは実際の店舗査定、宅配査定、出張査定となりますが、店舗と出張査定の場合は査定してもらって金額に同意したら書類に名前などを記入して身分証を提示して現金をもらって終わりとなります。しかし宅配も場合の流れはまず宅配を希望する旨の連絡を入れて無料で梱包用の段ボールを送ってもらいます。それを組み立てて中に希望する着物などを入れ、同封の送り状を箱に貼り付けて送り返します。査定してもらって同意すれば金融機関の口座に入金してもらって終わりとなります。お金は現金書留では実施していない業者がほとんどとなります。その際にはホームページ上などで口座や身分証明書などの情報を送信しなければなりません。なお金額に不同意な場合は送り返してもらうこととなります。しかしその際の送料は客負担となります。

まとめ

着物買取をしてもらう基本的な流れは業者のホームページをしっかりと確認して、店舗持参、宅配、出張のどれを使うか判断し、査定してもらう品物と身分証明書を用意して査定してもらいます。身分証明書はお金をいただく際の確認に使われることとなります。なお宅配を希望する場合は最初に段ボールを業者に手配してもらってその中に品物を入れて送り返すこととなります。